雨・あめ・アメ

IMG_6835.jpg

 

 

久しぶりにバンコックに来ています。

 

 

 

 

 

 

なぜかこの頃は日本を出ないと、

 

 

 

なかなかブログを書くまでに至らない。

 

 

 

煩雑なことが多すぎてね。

 

 

 

 

IMG_6829.jpg

 

 

さて、バンコック。

 

 

 

 

久しぶりに私の villa にやって来た。

 

 

 

相変わらずの鬱蒼としたガーデンには、リスや沢山の鳥が住んでいて、

 

 

 

毎朝うるさいくらいなんだけど、

 

 

 

建物はどんどん古くなって来たなぁ・・・・

 

 

 

 

 

 

今は雨季の終わりだから、いつもすごい雨が毎日降る。

 

 

 

こんなに雨が降るんだもの、木の家はどんどん朽ちていくよね。

 

 

 

 

 

 

 

それにしても・・・・雨。

 

 

 

日本でも、バンコックでも、毎日雨が降っています。

 

 

 

 

 

昨日ウチを出て、エアポートリムジンに乗る直前まで降っていた雨も、

 

 

 

駐車場に車を停めて、バス停まで歩く時にはほとんど止んでくれていたし、

 

 

 

バンコックの空港に着いた時に土砂降りだった雨も、

 

 

 

タクシーを降りる頃には止んでくれた。

 

 

 

 

こちらの雨は降るときは土砂降りだけど、

 

 

 

ダーっと降った後はピタッとあがる、いさぎよい、ありがたい雨なのだ。

 

 

 

 

 

IMG_6841.JPG

 

 

さっき晩御飯食べに行った時も大雨。

 

 

 

屋台で注文するまでは全然降ってなかったのに、

 

 

 

料理ができた頃には雷を伴う大雨。

 

 

 

なにせ、路上の食堂だから、屋根はあるものの、

 

 

 

足元には雨が跳ね上がるし、

 

 

 

イナズマは光りまくるし、雷は落ちるし、

 

 

 

トムヤムクンの中にも、ポトリ、ポトリと何かの線を伝ってきた水滴が落ちてくるし・・・

 

 

 

 

 

もう笑うしかない。

 

 

 

 

 

土砂降りで、稲妻の光る中、大雨を肌で感じながらご飯を食べるのも、

 

 

 

なかなかオツなもの。

 

 

 

食べ終わってから、しばらく、大雨の路上をぼーっとして眺めていた。

 

 

 

それでも、やっぱり30分もすれば雨は次第に小さくなって、

 

 

 

結局全然濡れずに帰って来れた。

 

 

 

 

 

もちろん、旅行者だから、傘なんて持ってないけど、

 

 

 

いつもちゃんと濡れないで上手いこと行くみたい。

 

 

 

 

昼間はガンガンに晴れて、

 

 

 

夜になると蒸気が冷えて雨になって、

 

 

 

どーんと地上に落ちてくる。

 

 

 

その循環の繰り返し。

 

 

 

 

こんな大都会でも自然の循環を感じられる、バンコック。

 

 

 

やっぱり好きだなぁ・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 


デリーまで帰って来たよー

IMG_2899.JPG

 

 

デリーに帰ってきたら、目が痛い。

 

 

 

恐ろしく空気が汚れているからね。

 

 

 

ちょっと日本では信じられないレベル。

 

 

 

 

外から帰ってきたら、鼻の穴は真っ黒でびっくりする。

 

 

 

 

 

 

ジャイプールも大きな街だし、車もバイクもすごいけれど、

 

 

 

 

仕事場とホテルはすぐ近所で、

 

 

 

 

なんとなく城壁で囲まれたようなエリアのなかに

 

 

 

 

ホテルもあり、仕事をする場所もある。

 

 

 

 

この城壁の中から出るのはご飯を食べに行く時だけ。

 

 

 

 

だからあんまり喧騒の中を歩くこともないんだ・・・・

 

 

 

 

 

 

私のいるエリアは、結構お金持ちのお家があったりして、

 

 

 

 

緑も多くてホッとする。

 

 

 

 

IMG_2902.jpg

 

 

 

この間 Anokhi cafeに散歩がてら歩いて行ったら、

 

 

 

 

なんとなく空き家らしき建物のゲートにあった

 

 

 

 

運転手募集の広告。

 

 

 

 

 

 

1時間39ルピーだって!

 

 

 

39ルピーって、今のレートで換算すると約70円。

 

 

 

 

 

1日10時間働いても、390ルピーか・・・・

 

 

 

 

 

・・・・と、その安さにちょっと衝撃を受ける。

 

 

 

 

 

仕事で来ていると、お金の単位が全く違って、

 

 

 

 

一回に10,000ルピー、20,000ルピー払うこともザラだから、

 

 

 

 

だいぶ庶民とはかけ離れているよねー。

 

 

 

 

 

 

 

この国はガソリンも結構高くて、多分1リッタ−100円くらいはすると思う。

 

 

 

 

生活、本当大変だろうな。

 

 

 

 

まあインドでは強い円のおかげで、一瞬お金持ちそうに見える私だって、

 

 

 

日本に帰れば本当に庶民だから

 

 

 

お察ししてしまうわ・・・・・

 

 

 

 

IMG_2897.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


インドと同期する

IMG_2867.JPG

 

 

 

プシュカルで丸一日半寝て、

 

 

3日間でたった3回しか食物を口にしなかった結果、

 

 

カラダは劇的に良くなり、

 

 

なんというか・・・・コロっと治った。

 

 

 

 

 

インドではいつも、プシュカルに着く頃には、

 

 

 

体の調子が悪くなり、

 

 

 

それは、吐いたり、下痢したり、熱が出たりと、

 

 

 

方法はいろいろだけど、

 

 

 

そうやって浄化が行われているんだなと、

 

 

 

つくづく思い知る。

 

 

 

 

IMG_2873.JPG

 

 

 

インドというこの国は、エネルギーが高く、

 

 

 

何か、スコーンとつきぬけたところがある。

 

 

 

そりゃあ、ヒンディもモスレムたちも、

 

 

 

一日中祈り続けているんだもの、

 

 

 

いつも神様といる世界。

 

 

 

 

神も自然も忘れて、金と物質に盲目的に突き進んでいる(残念ながら)

 

 

 

日本からやってきたら、

 

 

 

そりゃあこちらの波動がだいぶ低いから、

 

 

 

まずは同調(同期)する必要があるんだよね。

 

 

 

 

 

寝ている間に、たまにドアを開けてみると、

 

 

 

IMG_2859.JPG

 

 

 

クリシュナ猫が私の様子を見にやって来た。

 

 

 

 

体の調子が悪い時は、

 

 

 

よく寝ること。

 

 

 

何も食べないこと。

 

 

 

 

これは私のジョアンからの大事な教え。

 

 

 

 

何人ものインド人が、

 

 

 

『薬飲んだほうがいいよ』とか、

 

 

 

 

『お医者さんに連れて行ってあげよか?』とか、

 

 

 

 

色々心配して聞いてくれるけど、

 

 

 

私は猫からの教えを守って、ただひたすらじっとしていた。

 

 

 

 

 

 

IMG_2865.JPG

 

 

 

ひたすら寝た後、熱が下がったので、

 

 

 

仕事に出かける。

 

 

 

ずーっと寝てばかりいる訳にはいかないのだ。

 

 

 

 

メインバザールの喧騒の中はとても歩けそうにないので、

 

 

 

湖のガートとは反対側の橋を通って、町の反対側に行く。

 

 

 

 

 

この橋を通るのはいつもこの時間だなぁ。

 

 

 

 

湖に映る夕日を見ながら、

 

 

 

 

ああ、死んだ両親を一度はこんな異国に連れて来てあげたかったなぁ、とか、

 

 

 

死んだ友達と、いつかは一緒にインドに行こうねと約束していたこと、とか、

 

 

 

思い出して、なんとなく、心がジーンとなる。

 

 

 

 

 

夕暮れ時はやっぱり人を切なく、エモーショナルにする力があるんだね。

 

 

 

 

 

IMG_2869.jpg

 

 

 

プシュカルにいて、

 

 

 

ただ寝ているだけで、

 

 

 

お寺に行くわけでもなし、

 

 

 

ガートにプージャーに行くわけでもなし、

 

 

 

 

IMG_2866.jpg

 

 

 

それでも神様はいたるところにおられて、

 

 

 

神様の偉大なる御保護と浄化のエネルギーで、

 

 

 

ただ在るだけで、

 

 

 

清められて、次元上昇して、同期することができました。

 

 

 

 

 

神様、インドの大地、全インドの皆様、

 

 

 

本当にありがとうございます。

 

 

 

Namaste!!

 

 

 

 

 


またもや強制終了

IMG_2835.JPG

 

 

ちょっとおかしいな、やばいなと思っていたけれど、

 

 

 

そして、プロポリスで、だましだましきたけれど、

 

 

 

ここにきて体は正直に、

 

 

 

もうあかん!といってきた。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2807.jpg

 

 

 

 

 

昨日はタクシーでジャイプールからプシカルに移動してきた。

 

 

 

この街で用事があるのは、ほんの2軒の店のみ。

 

 

 

 

 

みんなジャイプールで仕事した人がちょっと休憩に来るところだ。

 

 

 

 

 

タクシーに乗る贅沢をしなくても、荷物も少ないし、

 

 

 

バスでも、汽車でもよかったのだけど、

 

 

 

疲れていたし、喉がヒリヒリする。

 

 

 

やばい兆候だったから、やっぱりタクシーにしたのだけれど。

 

 

 

 

IMG_2809.JPG

 

 

 

 

いつもだったら、宿の位置がわからなくて、

 

 

 

電話で聞いたり、その辺で尋ねたりするタクシードライバーも、

 

 

 

この頃はGPSがあるものだから、

 

 

 

スーッとナビってスムースに到着した。

 

 

 

 

うーーん!時代は変わったね。

 

 

 

 

 

 

どちらにせよ、このシーズンに乗り物に乗って移動するってことは、

 

 

 

エアコンは避けられない。

 

 

 

体の調子が悪い時のクーラーは私の体には大敵なんだけど、

 

 

 

なんせ外は35度以上だから、クーラーなしってことは不可能。

 

 

 

 

指の関節がチクチク痛むなぁと思いながら、

 

 

 

 

それでもこちらについて、なんとかあいさつがてら

 

 

 

一軒の店に行って一つの用事を軽く済ませたけれど、

 

 

 

 

今朝、起きたらもうダメだった。

 

 

 

 

 

 

 

身体中が痛くて、しんどくて、

 

 

 

起き上がれない。

 

 

 

 

IMG_2854.jpg

 

 

 

ドアから見える外は、

 

 

 

日差しがサンサンとして、見ているだけでクラクラしてめまいがしそう。

 

 

 

あの光の中に出て行ったら、溶けて倒れてしまいそうな気がする。

 

 

 

 

 

IMG_2817.jpg

 

 

 

 

というわけで、今日はまたもや強制終了。

 

 

 

 

1日寝て過ごすことに決めた。

 

 

 

 

窓からたわわに実ったパパイアを見ながら、

 

 

 

 

何も食べずに、ただひたすら寝て治すことにする。

 

 

 

 

 

プロポリスももう残念ながら、ほとんど底をついてきたし、

 

 

 

多分今日がただ1日、休んで寝ていてもいい余裕のある日なのだ。

 

 

 

 

 

体はやっぱりよくわかってるよなぁ。

 

 

 

 

 

 

どこからか、祈りの音楽や、お寺の鐘の音が聞こえてくる、

 

 

 

このヒンズーの聖地プシュカル。

 

 

 

 

ここで神様のエネルギーに抱かれながら、

 

 

 

ゆっくり休もう。

 

 

 

 

IMG_2828.jpg

 

 

 

 

 


やっぱり石の仕事は楽しい

IMG_2794.jpg

 

 

 

ジャイプールに着いて、ゆっくり、ゆる〜くお仕事開始。

 

 

 

今回は石がメインの仕事ではないから、

 

 

 

テンションも高くないし、

 

 

 

だいたい、必死で働かないようにしてるww

 

 

 

 

・・・・・ついついやり過ぎてしまうタイプなのでね。

 

 

 

 

 

 

それでも、今度作るための商品のイメージづくりや、

 

 

 

その準備のための材料集めや、

 

 

 

きになるものを買い足したりして、

 

 

 

やっぱり石屋さんにばっかり行ってるけどね。

 

 

 

 

 

 

ラピスラズリはこの頃またとても気に入っている石。

 

 

 

店の在庫も底をついたので、どこの店に行ってもラピスを見てしまう。

 

 

 

 

 

 

IMG_2785.jpg

 

 

 

ラリマーやインカローズやトルコ石といった石は、

 

 

 

だいたい大きいサイズのカボションが多いんだけど、

 

 

 

石の大きくない、いつもつけていられるようなリングを

 

 

 

作りたいなぁと思っているので、

 

 

 

その準備のために、小さい石を探しています。

 

 

 

 

昨日はラリマーの小さいカボションを見つけたよ。

 

 

 

 

 

 

こんなにたくさん必要ではないのだけれど、

 

 

 

見るとついつい買っちゃうね。

 

 

 

小さな、キャッチ式のピアスようにもいいかなぁ。

 

 

 

 

 

 

IMG_2768.JPG

 

 

 

 

小さなクリスタルのポイントも、相変わらずよく売れるので、

 

 

 

いつも探しています。

 

 

 

 

 

 

この頃はブラジル産よりもヒマラヤ産が人気が高いので、

 

 

 

比較的見つけやすい。

 

 

 

 

 

 

このクリスタルは、パキスタンさんのハーキマーダイアモンドクリスタル。

 

 

 

 

正確には、ハーキマーダイアモンドクリスタルは、ニューヨーク産のものしか

 

 

 

そう呼べないらしいけど、

 

 

 

 

とにかく同じ種類のクリスタルです。

 

 

 

 

とても強い光があって、中にはレインボーやらファントムやら、

 

 

 

美しいものがたくさん内包されています。

 

 

 

 

 

 

今日の午後にはヒマラヤ産のレーザークリスタルを買いました。

 

 

 

多分これはシンギングクリスタルと呼んでも良さそうな、

 

 

 

2本持ってカンカンとぶつけると、

 

 

 

キーンととても高い、綺麗な音がする。

 

 

 

(昼間今日は長い停電で、写真を撮るのを忘れたよ。)

 

 

 

 

 

 

こういう、石を選ぶ作業は、やっぱり余裕があったほうがいいね。

 

 

 

 

今回は時間的余裕があるので、(経済的余裕は相変わらずないけど)

 

 

 

楽しい気持ちでお仕事できていまーす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


のどかな汽車の旅

IMG_2753.JPG

 

 

今日はジャイプールにに移動のために

 

 

 

ちょっと離れたデリーサライロイラ駅に。

 

 

 

 

 

 

この駅はニューデリー駅からほんの2、30分のところなのに、

 

 

 

全然混み合ってなくて、

 

 

 

緊張感も薄く、なんとなくホッとする。

 

 

 

 

IMG_2752.jpg

 

 

 

だいたい仕事でジャイプールに行く人は、

 

 

 

日本の新幹線みたいな、

 

 

 

シャタブディエクスプレスを利用するのだけど、

 

 

 

私はビジネスマンと外人ばかりのこの列車より、

 

 

 

今日乗ったような寝台車の汽車が好き。

 

 

 

みんな旅行モードで、大抵の人がお弁当を持って乗り込んでいる。

 

 

 

 

IMG_2754.jpg

 

 

寝台車って、なんだか懐かしいな。

 

 

 

子供の頃、母と、函館から大阪までの寝台車に乗ったなぁ・・・・

 

 

 

ずいぶん昔の話だけど・・・

 

 

 

 

 

 

汽車に乗ったのは朝だから、

 

 

 

まだ寝台仕様にはなってなくて、

 

 

 

みんな普通に座っていたのだけれど、

 

 

 

 

 

汽車が動きだしてから1時間ほどすると、

 

 

 

毛布とシーツと枕が25ルピーで売りに出されて、

 

 

 

みんな寝具を手にした途端に、

 

 

 

なんとなく寝台車モードに変わっていった。

 

 

 

 

 

 

この汽車はデリーからバンドラ(ボンベイ)まで、

 

 

 

約24時間の旅。

 

 

 

 

 

 

それでも、私のようにジャイプールまでとかの

 

 

 

近場で降りる人もいるから、

 

 

 

3段ベッドの真ん中はまだ畳まれたままだけど、

 

 

 

それぞれがリラックスして寝るモードに。

 

 

 

 

IMG_2755.JPG

 

 

 

私も、昨日もよく寝たはずなんだけど、

 

 

 

なぜか眠くて、眠くて・・・・

 

 

 

 

向かいに座っているマダムはシーツを手にした途端に

 

 

 

横になって、おやすみし始めた。

 

 

 

汽車とともにユラユラ揺れるお腹を見ていたら、

 

 

 

私もウトウト・・・・ウトウト・・・・

 

 

 

 

 

 

この汽車はチャイやサモサや、いろんなものが売りに来るから、

 

 

 

結構それも楽しみなんだけど、

 

 

 

今日はそれもまったく気がつかないくらい、

 

 

 

ずーっと寝ていた。

 

 

 

 

 

 

 

どうしてこんなに眠いんだろう?

 

 

 

 

と思ってあたりを見回して見たら、

 

 

 

 

 

IMG_2756.jpg

 

 

 

そうか!

 

 

 

 

みーんな寝ているからか!

 

 

 

 

 

きっとアルファー波で、汽車中が満たされていたのね。

 

 

 

 

 

ジャイプールに着いたら、すぐお仕事開始だから、

 

 

 

まあそれもよし。

 

 

 

 

いつかこの汽車でバンドラまで行って見たいなーなんんて夢想しつつ、

 

 

 

 

のどかな汽車の旅でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


束の間の至福のひととき

IMG_2742.JPG

 


 

朝起きて、コンピューターを開けたら、

 

 

 

今日のデリーの最高気温は35℃という文字が目に飛び込んできた。

 

 

 

ひゃー、今日も暑そうね。

 

 

 

 

 

それでも、湿度のないインドでは日本の35℃よりはマシに感じる。

 

 

 

それに最低気温は23℃とあるから、夜は結構涼しくて、

 

 

 

寝苦しくないのもいいところ。

 

 

 

 

IMG_2184.JPG

 

 

 

 

IMG_2723.jpg

 

 

 

朝、恒例のパパイアを買いに行った時は既に、

 

 

 

日陰を歩かないと汗が出てくる。

 

 

 

 

IMG_2731.JPG

 

 

 

もう既に日陰では、じいちゃん達がうたた寝中。

 

 

 

 

 

今回仕事は結構サクサクと進んで、

 

 

 

いいショールにもちゃんと出会うことができて、

 

 

 

ちょっとホッと一息。

 

 

 

 

朝ごはんもパパイア大盛り。

 

 

 

IMG_2737.JPG

 

 

 

 

だいたいはいつもの店に買い物に来るんだけれど、

 

 

 

 

いつの間にやら店がなくなっていたり、

 

 

 

 

家族に不幸があって田舎に帰っていたり、

 

 

 

結婚式で一週間お休みだったり、などなど、

 

 

 

 

連絡が全く取れないなんてことはよくある。

 

 

 

 

 

 

いつも時間が限られているから、当然こちらも焦るし、不安になる。

 

 

 

 

 

この不安こそが、私のお腹の加減の最大の原因。

 

 

 

 

 

いつもインドに来てお腹を壊すのは、食べ物や、ばい菌や、

 

 

 

そんなせいではなくて、不安なんだ。

 

 

 

 

だから仕事が順調にさばけている今回は

 

 

 

体の調子もお腹の調子も良くって、

 

 

 

時間もいつもほどにタイトでないので、

 

 

 

程よく休む時間も取れて、快適。

 

 

 

 

IMG_2181.jpg

 

 

 

今朝は、朝一(こちらの朝一はだいたい11時ごろ)から

 

 

 

一件約束があったので、電話をリチャージした後行ってみたら、

 

 

 

案の定ボスはまだ来てない。

 

 

 

 

 

この用事のあとは夕方4時過ぎまでポカーンと空いたから、

 

 

 

よし、今日はヘナをする絶好のチャンス!と思って、

 

 

 

ホテルの部屋に帰ることにする。

 

 

 

 

 

ちょっとヘナ用のタオルを買いがてら、

 

 

 

遠回りして、市場を通ってね。

 

 

 

 

IMG_2741.jpg

 

 

 

フルーツスタンドの周りはぷーんとフルーツのいい香り。

 

 

 

 

IMG_2743.JPG

 

 

 

 

インドの野菜は、あんまり立派ではないぶん、

 

 

 

農薬まみれでない感じがして、

 

 

 

とっても好感が持てる。

 

 

 

 

これはアメリカのスーパーで見る

 

 

 

馬鹿でかい、巨大でピカピカの野菜達と好対照だね。

 

 

 

 

 

主婦の目で、野菜を買いたい衝動に駆られるけど、

 

 

 

キッチンがないから、ガマンガマン。

 

 

 

 

でも、帰りには忘れずにお米を買って帰ろう。

 

 

 

 

IMG_2744.jpg

 

 

 

市場で、ちょっとお菓子も仕入れて、

 

 

 

これから夕方まではヘナしながら、

 

 

 

お洋服のほころびも繕って、

 

 

 

お部屋でゆっくり過ごすのだ。

 

 

 

 

 

だいたい旅先だからって、

 

 

 

毎日毎日出歩いているから疲れちゃうのだ。

 

 

 

 

暑い昼間、シーリングファンのある快適な部屋で過ごす

 

 

 

束の間の至福のひととき。

 

 

 

 

明日は朝からジャイプールに移動だし、

 

 

 

夕方4時から8時までは、

 

 

 

バッグのオーダーとか、

 

 

 

ショールにファーをつけたのの仕上がりを見たり、

 

 

 

ベッドカバーをちょっと選んだりして、

 

 

 

多分すごく忙しくなるからね。

 

 

 

 

 


今日は半日オフだ!

IMG_2715.JPG

 

 

 

昨日の夜にデリーに到着。

 

 

 

 

バンコックはもちろん暑かったけど、

 

 

 

 

デリーもまだかなり暑い。

 

 

 

 

 

 

 

インドは基本的には砂漠的な気候だから、

 

 

 

 

夜になると随分冷えるから、昨日の夜にはそう感じなかったけど、

 

 

 

 

朝起きて、窓を開けて、日差しを見ると

 

 

 

 

相当暑そう。

 

 

 

 

 

そして、なんだか、身体中がだるくって痛い。

 

 

 

 

 

 

 

おととい荷物を運ぶために20キロ相当の荷物を持って、

 

 

 

 

50メートルほど歩いたせいかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや、相当疲れてるんだろうな、と思い知る。

 

 

 

 

何しろ、四天王寺さん終わってから、

 

 

 

ノンストップで今日まで来たもんね。

 

 

 

 

 

 

 

朝から、外に出る気があまりしないでうだうだしてたけど、

 

 

 

 

昼過ぎにショールを見に行く。

 

 

 

 

 

なぜか人にあったり、物を選び出すと、

 

 

 

 

エネルギーが湧いて来て、サクサク仕事は進むんだけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・というわけで、

 

 

 

 

 

ショールを選んで、軽くご飯を済ませた後は、

 

 

 

 

今日半日オフにすることにした。

 

 

 

 

ここらでちゃんと休息を取っておかないとね。

 

 

 

 

 

 

今日2日はマハトマガンジーのお誕生日で、

 

 

 

インドは祝日。

 

 

 

 

先週の金曜日から、今日この月曜日まで、

 

 

 

 

ロングウイークエンドで、4連休のところも多いようで、

 

 

 

 

みんな明日から、というところが多そうだし、

 

 

 

 

私も、いいショールに出会って、仕事の4分の1くらいは済ませたので、

 

 

 

 

おやすみするのにはちょうどいい日のようだ。

 

 

 

 

 

今日外では、毎週月曜日恒例のストリートマーケットが開かれていて、

 

 

 

 

日用雑貨や、子供服やら、何やらかんやら、

 

 

 

 

地元の女の人が喜びそうな店がたくさん出てる。

 

 

 

 

しかも祝日なので、昼間からローカルの女の人がたくさん出て

 

 

 

 

賑わっていた。

 

 

 

 

IMG_2719.JPG

 

 

 

IMG_2718.JPG

 

 

 

普段はうちの中や路地裏にいて、

 

 

 

 

あんまり表通りに出てこない、主婦連中も、

 

 

 

 

今日はみんなで群れて、連れ立って歩いている。

 

 

 

 

 

やっぱり、普通の庶民は、今でもサリーなんだな、と

 

 

 

ちょっと嬉しくなる。

 

 

 

この頃、若者や、ちょっと街中では、みんなジーンズを履いてるからね。

 

 

 

 

IMG_2722.JPG

 

 

 

路上の下着屋さん。

 

 

 

売り手が男の人っていうところもインドらしい。


そろそろ帰る時が来て

 

日常に猫や鳥やチョウチョや、そんなものがいつも見えるだけで、

 

心の中はだいぶホッとする。

 

少なくとも私にはそんなものが大事だ。

 

 

 

昨日は、買ったリングの具合が悪くて、

 

 

バンコックでニューロードと呼ばれる、チャロンクルン地区まで行ってきた。

 

 

できることなら行きたくない地区。

 

 

 

車はいつも慢性的に混んでいるし、

 

 

道が突然何回も一方通行になったりして、

 

 

いつもどこを走っているかわからないし。

 

 

 

このニューロード沿いで有名なのは、チャイナタウン、

 

 

それから、サファイアやルビーなどの岩いる宝石を扱うエリア。

 

 

もちろん銀行の本店とか、大企業のオフィスなんかが並ぶエリアだ。

 

 

 

バンコックはとても広くて、東京みたいに核がなく、

 

 

あのエリア、このエリア、とそれぞれにとても栄えている。

 

 

 

私がいる王宮周辺はまだ古い建物がだいぶ残っているし、

 

 

高層の高級アパートメントなんかもないので、

 

 

本当に庶民の街って感じでホッとするところ。

 

 

 

そのチャルンクルンでの用事もあっけなくすぐ終わり、

(行くのに40分以上もかかったのに)

 

もう残り時間も少ないバンコックを、

 

 

帰りはいつもトゥクトゥクに乗るところ、ぶらぶらと歩いてきた。

 

 

 

IMG_0537.jpg

 

 

タイは一度も植民地になったこともなく、

 

 

独特なタイ風の建物なんだけど、

 

 

私にはなんとなくコロニアルに感じてしまう。

 

 

そう思うのは建物の色が明るいせいかな?

 

 

太陽の日差しが強いと、明るい色が似合うね。

 

 

 

街の建物を眺めて歩くのは好き。

 

 

 

IMG_0536.JPG

 

 

道の通りのうちは大抵が長屋風になっていて、

 

 

1階はお店やさん、2階が住居というのが一般的。

 

 

ニューロードあたりはやっぱり高層ビルや、新しい建物が多いので、

 

 

そして圧倒的に緑が少ないから、

 

 

余計に息が詰まりそうな感じ。

 

 

 

IMG_0540.jpg

 

 

歩いていると、歩道にこんな大きなババツリーがあったりしてね。

 

 

思わず木に触れさせてもらって、リチャージする。

 

 

 

IMG_0539.jpgIMG_0538.JPG

 

 

 

こんな、建物に直接リリーフしてあるのなんて、みんな手仕事なんだろうな。

 

 

 

人間の手の仕事のあとが残っている建物はなんとなくホッとするね。

 

 

 

IMG_0548.jpg

 

 

さて、美しい夕焼けを見たら、

 

 

そろそろバンコックを去る時が来た。

 

 

 

昔は帰りたくなくて、ちょっと悲しい気持ちになったものだけど、

 

 

今は正直もう帰りたい気分。

 

 

 

うちの可愛い子たち、ちゃんとお利口さんにして待っていてくれるかな。

 

 

もう直ぐ会えるね。

 

 

 

IMG_2515.jpg

 

 

 

 


風のように時間は過ぎて行って

IMG_0350.JPG

 

 

なぜか、旅先でいつも鮮明な夢を見る。

 

 

特にインド。

 

 

ジャイプールとかプシュカルとか。

 

 

 

プシュカルはヒンディの聖地だし、ジャイプールでも一日に何回も、

 

 

近所のモスクから大音響でお祈りの始まりの音がする場所にホテルがある。

 

 

付き合う人たちはヒンディであれ、モスレムであれ、

 

 

とても敬虔な信者たちばかり。

 

 

 

周りの空気が祈りのエネルギーに満ちているから、そのせいなのかしら?

 

 

よくわからないけど・・・

 

 

 

 

母が亡くなった後は、何年か、母の夢ばかり見ていた。

 

 

夢は鮮明で、ちょっと夢とは思えないくらいリアルなの。

 

 

そして起きて、何時間経っても、次の日になっても覚えている夢。

 

 

 

 

夢でも会えて嬉しかったし、何かメッセージを受け取っている感じがしていた。

 

 

母も亡くなってもう6年。

 

 

最近はあまり出てこなくなったけど、

 

 

この頃しょっちゅう現れるのは、去年亡くなった私の親友。

 

 

 

35年以上の付き合いだった。

 

 

とっても仲が良かった。

 

 

彼女が結婚して、四国に帰った(その当時私はまだ大阪に住んでた)後も、

 

 

しょっちゅう電話しあっていたし、

 

 

小さかった子供を連れてよく大阪の私のアパートにも遊びに来た。

 

 

 

その後私が四国に引っ越してからも、徳島県と愛媛県でそう近くはないんだけど、

 

 

よく行き来していたな。

 

 

そして、二人の子供が無事学校を卒業して、彼女が仕事をリタイアしてからは、

 

 

毎日のように電話してたな。まるで女学生みたいに。

 

 

 

彼女とは、そうね、なんでも話せる唯一の人だった。

 

 

 

 

だけど、亡くなる3年くらい前から、何か疎遠になってしまって、

 

 

というか、一方的に避けられていて(と、私は感じていた。)、

 

 

私は失恋でもしたかのように、苦しんだものだった。

 

 

 

 

彼女が末期の癌と聞いたのは、もう亡くなる半年くらい前で、

 

 

それでも初めの3ヶ月くらいは、人づてに元気らしいと聞いて、

 

 

会いたいと思いながら会うこともできなかった。

 

 

 

 

だけど、もしかしたら、彼女死んじゃうかも? と思い出したら怖くなって、

 

 

それから会いに行ったっけ。

 

 

 

 

でも、もう完全に遅くてね。

 

 

アレヨアレヨと言う間に亡くなってしまった。

 

 

 

 

まだ話さなくてはいけないこと、二人の間で解決しなくてはいけないこと、

 

 

たくさんあったのに、結局何も話せないまま。

 

 

 

 

彼女が逝ってしまってから、彼女のことを考えない日は一日もなかったけれど、

 

 

決して夢に出てくることはなかった。

 

 

 

 

でも、ここにきて、立て続けに登場してくれる。

 

 

前と変わらない元気な姿でね。

 

 

そして、いっつも問題を提起して帰っていく。

 

 

 

この間も鮮明な夢を見た日の朝に、彼女の娘からメールが来た。

 

 

『昨日朝ちゃんの夢を見たから、どうしてるかと思って。』って。

 

 

何か、完全にシンクロしてるな。

 

 

 

 

彼女の写真を見るたびに、

 

 

『ああ、この人はこの写真のまま歳を取らずに、私だけが歳をとっていくんだな』

 

 

と思う。

 

 

 

なんでこんな話を思い出したかというと、

 

 

この仕入れの旅先で出会う人たちを見て、ああ、みんな歳をとったなぁと、

 

 

最近特に思うから。

 

 

 

最初の写真はいつも行くCafe に飾ってあった写真。

 

 

多分Cafeができた当時の写真。

 

 

 

私が行きだしたのは多分この10年くらい後からだと思うけど、

 

 

左から3番目のにいちゃんがここのオーナーだけど、

 

 

今はでっぷりお腹が出て、頭も相当薄くなって、今度娘が結婚するという。

 

 

 

 

IMG_0367.JPG

 

 

 

このおじちゃんは(今年は特におじちゃんと思ったけど)

 

 

いつもの両替屋。

 

 

もう20年の付き合いだけど、頭はめっきり白髪になって、

(それはこちらも同じ)

 

 

老眼鏡かけてたりするから(それもこちらも同じく)

 

 

 

めっきり老けたなーと思った。

 

 

 

ちなみに、このおじちゃんの向かって左側にある写真に若かりし頃の彼が写っている。

 

 

 

 

めっきり老けたなーと思うのは、多分相手も一緒なんだろうな。

 

 

こちらがびっくりしてるのと同じように、向こうもびっくりしてるんだろうな。

 

 

 

 

・・・・・と思っていたら、死んだ人はもうそれ以上歳を取らないのか、とふと思った。

 

 

 

 

きっと死んだ時と同じままの顔を見ながら、私はどんどん歳をとっていくんだなーって。

 

 

そして、夢に出てくるときにも、死んだ時と同じままで出てくるんだなーって、

 

 

そう考えたらふと切なくなった。

 

 

 

 

ああ人生なんて、ほんの一瞬の出来事ね。

 

 

風のように時間は早く過ぎていって、

 

 

また魂に帰っていくのね。

 

 

と、なぜか今日はしみじみと思う。

 

 

 

 

去年は親しい人がずいぶん亡くなった。

 

 

もう50もだいぶ過ぎたから、これからはどんどんそういうことが起こるんだろうな。

 

 

つい最近も古い友人が亡くなったと連絡があった。

 

 

 

 

さて、残された者、どういう風に生きていく?

 

 

 

 

いつまでかはわからないけれど、私の残された時間、

 

 

死んだ人たちを思うと、無為には過ごせないな。

 

 

それが若くして死んだ人たちの大きなメッセージの一つだと思うの。

 

 

 

私のかーこが言ってる気がする。

 

 

自分の心がやりたいと思ったことは、今すぐするのよ!』と。

 

 

 

やりたいことを全速力でやり尽くして、速く駆け抜けて行った友よ。

 

 

あなたのメッセージ、深く心に刻んでいるよ。

 

 

死んでからもお尻を叩いてくれて、ありがとうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/11PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

map

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM