インドの1日目は無事に過ぎていく

IMG_4555.JPG

 

 

 

さて、私は今インドにいます。

 

 

ジョアンちゃんが出発の前の夜に急に亡くなっちゃったから、

 

 

本当は来たくなかったし、飛行機キャンセルしよか?

 

 

とも思ったけれど、

 

 

実際にはそんなことも出来なくて、やって来た。

 

 

 

 

このシーズンはいつもインドは弾丸の仕入れツアーだから、

 

 

時間の予定もとてもタイト。

 

 

 

ジョアンのことを思って泣いている暇もなく、(実際には、思い出すにつけすぐに涙が出ちゃうけど)

 

 

朝起きたらすぐに街へ!と思っていたのだけれど・・・・

 

 

 

雨が。

 

 

 

 

それもすごい勢いで雨が降って来た。

 

 

 

 

インドで雨に当ることってほとんど想定外だから、

 

 

もちろん傘など持っている訳もなく、(もし持っていても出かけないけど)

 

 

部屋で待機。

 

 

 

ああ、これでちょうどいい。

 

 

 

四天王寺さんで1週間の仕事をした後、

 

 

バタバタ仕入れのための用意をして、

 

 

留守中の店の仕事もフルパワーでして、

 

 

おまけに出発前夜のジョアンの死。

 

 

 

疲れていた。本当に。

 

 

 

だから神様が計らって下さったのだと知る。

 

 

 

こちらの雨はしとしとと降り続けるのではなく、ダーッと激しく降る。

 

 

何でも、この1ヶ月ほとんど雨が降らなくて、

 

 

暑くて、暑くてたまらなかったらしくって、

 

 

実際に私が着いた夜もビックリするほど暑かった。

 

 

だからインド人達にとっては恵みの雨。

 

 

埃っぽい街も洗われてキレイになるしね。

 

 

 

さて、雨も上がったし外に出てみると、

 

 

 

道路はぬかるみだらけ。

 

IMG_4559.jpg

 

 

そして人はみんなぬかるみを避けて歩くから、

 

 

いつも以上の混雑ぶり。

 

 

あーあ、やっぱりインドだわ、とつくづく思う。

 

 

 

今日の仕事はボイルドウールのショールを選ぶこと。

 

 

気に入るのが見つかるまで、何十枚でも見るから、

 

 

けっこう時間がかかるのだ。

 

 

 

その中から、何枚かを選んで、ファーをつけようと思っているので、

 

 

今日中に仕上げたい。

 

 

IMG_4548.JPG

 

 

いつも電話してみないと、私のショールマンにうまく会えるかどうかわからないのだけれど、

 

 

今回はばっちり彼を見つけることが出来て、

 

 

さっそく路地を奥深く入ったストックルームに。

 

 

 

こんな路地裏奥深くに入ってくるのも、普通なら気が引ける様なものだけど、

 

 

ここは私の仕事場。

 

 

さっそく仕事開始。

 

 

 

ありがたいことにさくさく仕事が進む。

 

 

 

その間に雨は降ったり病んだり。

 

 

 

こんな雨では駅まで汽車の予約しにいくのは難しいな。

 

 

『ねえ、あさっての汽車の予約しなきゃダメなんだけど、何とかなるかな?』

 

 

 

とショールマンに聞いてみたら、やっぱり。

 

 

Yes! Why not!?

 

 

私の乗りたい汽車は2日前だと、ほとんど一杯で席が取れる可能性はとっても低い。

 

 

でも、さっそくエージェントに電話して、VIP用に用意している席を取ってくれた。

 

 

もちろん普段の倍の値段で。

 

 

 

インドでは地獄の沙汰も金次第、って感じで何でも出来てしまうことが多いのだ。

 

 

 

2ヶ月も3ヶ月も旅するのならば、絶対にそんな事はしないけれど、

 

 

何しろ私はたった10日しかインドにいないのだ。

 

 

こんな状況ではありがたいこと。

 

 

 

さあ、汽車のチケットも取れたし、

 

 

雨も上がったので、外に出て、両替して、ご飯も食べて、再度ストックルームに戻る。

 

 

 

ポケットはお金でパンパン。

 

 

帰るとさっそく『あーアサコ、君を待っていたんだよ』という。

 

 

 

そこには見たこともないインド人がいて、みんなでお金の計算をしている。

 

 

『今お金払ってくれるかな?』

 

 

『うん、持って来たよ。』

 

 

IMG_4549.jpg

 

 

私のさっき両替して、ポケットぱんぱんだったお金は、

 

 

右から左へと見ず知らぬ男のポケットへ消えていく。

 

 

 

こうやって世界の経済は回っているのね。

 

 

 

OK. Why not?

 

 

大丈夫。すべてはうまく行っている。

 

 

こうやってインドの1日目は無事に過ぎていく。

 

 

 

 

                         asako.gif

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

map

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM