こうしてインド的1日は過ぎてゆく

IMG_3193.JPG

 

 

毎年同じ所に来るから、年々親しくなって行く人たち。

 

 

街を歩くと『ハロー!アサコ!』と声がかかる。

 

 

一人一人としゃべっていたら、1時間で300メートルも進まないから、

 

 

だいたいは適当に流して行くのだけど、

 

 

中にはどうしても座り込んで一杯のチャイを付き合わないといけない相手もいる者だ。

 

 

 

IMG_3346.jpg

 

 

このクリシュナアンティークショップもその一つ。

 

 

とっても素敵なアンティークコレクションと、

 

 

クリシュナの作る素敵なジュエリーに魅かれて、

 

 

よく時間を過ごしたものだけど、

 

 

今回会うといつになく深刻な顔。

 

 

 

『実はこの店買ったんだけど、オーナーがまだ払っていない半額全部、

 

 

今月中に払えって言うんだ。

 

 

7ラック(700,000ルピー)、今の俺にどうする事も出来ない。

 

 

この店の保証書さえ渡してくれたら、銀行から借りれるのに・・・』

 

 

 

 

『アサコ。この店にある物全部まとめて買ってくれないか?』

 

 

 

『?』

 

 

 

うーん・・・1万、2万ルピーならば何とかなりそうだけど、

 

 

 

700,000ルピー(約100万円)となると論外。

 

 

 

それから早口で、オーナーの悪口から始まって、インド政府の悪政、世界経済の不条理などなどなど・・・

 

 

30分近く聞かされる。

 

 

 

私はただ黙って聞いているだけ。

 

 

 

うんうん。わかるよ、クリシュナ。

 

 

 

いつだって、このマネーワールドに生きていたら、お金のない者は苦しい思いをする。

 

 

彼の感情がこちらにも入って来て、私も思わず涙ぐみそうになるけれど、

 

 

どうする事も出来ない。

 

 

 

こっちもだいぶ疲れてしまって、

 

 

 

『じゃあね、クリシュナ、頑張ってね。私次の予定があるから行くわ。』

 

 

 

とその場を離れる。

 

 

IMG_3228.jpg

 

 

さて、次に引き止められたのは、このカシミール人のビラール。

 

 

 

この人なんて、初めてインドに来た頃からの付き合いだから、もう20年近くになる。

近頃は顔を見る度に、
『ああ、ビラールも歳取ったなー』と思う。
きっと相手もそう思ってるんだろうな。
久しぶりに会うと、大歓迎してくれるけど、
やっぱり話はなんとなく、このネガティブワールドの話。
昨日カシミールでインド政府軍がカシミール人を400人近く殺したとか、
去年の大洪水で自分の両親のうちが流されたけど、政府は何もしてくれないとか・・・・
うんうん、わかるよ。
ここでもただ黙って相手の話を聞いているのみ。
それ以外なんにもしてあげる事は出来ない。
みんな40代、50代になって来て、自分の夢や希望が、
思ったようにかなわなくて、
ああ、もしかして、俺もこれで終わりかな?なんて思い始める頃なんだろうな。
ここでもお腹はぺこぺこだけど、一杯のチャイで30分ほど話に付き合う。
だんだん疲れて来た。
どうして、私,こんな話ばかり聞くことになるの?
私はただ一杯のおいしいコーヒーを飲むために、一軒のレストランに向かって歩いているだけなのに、
その途中に彼らの店があるのだ。
ビラールの店から離れて約100メートル。
IMG_0742.JPG
よくここでおもしろい石に出会ったバラジーの店。
見つからないようにと人の陰に隠れながら歩いていたけれど、
『やーマダム!』と見つかってしまった。
もう、チャイでお腹は一杯。
私はこの人が好きなのだ。
とても無口だけれど、含蓄の深い言葉で、ぼそぼそと
石について熱く語る。
いつもストリートチルドレンがやって来て、来る度に、小銭を上げたり、
キャンディーをあげたり、
全然商売人らしくなくて、
こうやって今時めずらしく、天秤を使って重さを量るとこも、なんか素敵だった。
でも、やっぱり、毎日の日銭が必要で、
チャイ屋を始めたらしい。
チャイは一杯10ルピーほどだから、お金を儲けるにはほど遠いけど、
でも、いつも忙しくて、今はもう昔のようなゆっくりとしたシャンティな時間を楽しむ余裕はないみたい。
『仕方ないじゃないか、毎日物価が値上がりして行く中、
どうやったら子供を学校に行かせて育てられる?』と言う。
うんうん。そうだね。
彼の憂いのこもった目でとつとつと語る言葉に、ただ聞くのみ。
苦い悲しみを感じながら、しばし時間を過ごす。
あーあ私,何やってるんだろうな。
たった2日間しかないこの街で、
オールドフレンドたちの切ない話を聞いて回っている。
ただ聞いているだけ。
むこうも、私に何かを売りつける気もあんまりないようで、
ひとしきり話した後、ホッとしたような顔している。
これってまるでセラピーみたいじゃない?
まるで移動セラピストのような私。
いつの間にか、私も人のそんな悲しみを受け入れられるような歳になったって言う事かしら?
なんとなく、物憂い気持ちになって、やっとこさ、目的のレストランに到着。
なんと!
今日と、明日は、親戚の結婚式とかだそうで誰も料理を作る人はいないとの事。
『がーん!!』
ソーダとコーラなら飲めるよと店番の兄ちゃんが言う。
IMG_0707.JPG
ははは。
まあそう言う事もあるさ。
・・・・・と、こうしてインド的1日は過ぎてゆくー。
                           asako.gif

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

map

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM