そろそろ帰る時が来て

 

日常に猫や鳥やチョウチョや、そんなものがいつも見えるだけで、

 

心の中はだいぶホッとする。

 

少なくとも私にはそんなものが大事だ。

 

 

 

昨日は、買ったリングの具合が悪くて、

 

 

バンコックでニューロードと呼ばれる、チャロンクルン地区まで行ってきた。

 

 

できることなら行きたくない地区。

 

 

 

車はいつも慢性的に混んでいるし、

 

 

道が突然何回も一方通行になったりして、

 

 

いつもどこを走っているかわからないし。

 

 

 

このニューロード沿いで有名なのは、チャイナタウン、

 

 

それから、サファイアやルビーなどの岩いる宝石を扱うエリア。

 

 

もちろん銀行の本店とか、大企業のオフィスなんかが並ぶエリアだ。

 

 

 

バンコックはとても広くて、東京みたいに核がなく、

 

 

あのエリア、このエリア、とそれぞれにとても栄えている。

 

 

 

私がいる王宮周辺はまだ古い建物がだいぶ残っているし、

 

 

高層の高級アパートメントなんかもないので、

 

 

本当に庶民の街って感じでホッとするところ。

 

 

 

そのチャルンクルンでの用事もあっけなくすぐ終わり、

(行くのに40分以上もかかったのに)

 

もう残り時間も少ないバンコックを、

 

 

帰りはいつもトゥクトゥクに乗るところ、ぶらぶらと歩いてきた。

 

 

 

IMG_0537.jpg

 

 

タイは一度も植民地になったこともなく、

 

 

独特なタイ風の建物なんだけど、

 

 

私にはなんとなくコロニアルに感じてしまう。

 

 

そう思うのは建物の色が明るいせいかな?

 

 

太陽の日差しが強いと、明るい色が似合うね。

 

 

 

街の建物を眺めて歩くのは好き。

 

 

 

IMG_0536.JPG

 

 

道の通りのうちは大抵が長屋風になっていて、

 

 

1階はお店やさん、2階が住居というのが一般的。

 

 

ニューロードあたりはやっぱり高層ビルや、新しい建物が多いので、

 

 

そして圧倒的に緑が少ないから、

 

 

余計に息が詰まりそうな感じ。

 

 

 

IMG_0540.jpg

 

 

歩いていると、歩道にこんな大きなババツリーがあったりしてね。

 

 

思わず木に触れさせてもらって、リチャージする。

 

 

 

IMG_0539.jpgIMG_0538.JPG

 

 

 

こんな、建物に直接リリーフしてあるのなんて、みんな手仕事なんだろうな。

 

 

 

人間の手の仕事のあとが残っている建物はなんとなくホッとするね。

 

 

 

IMG_0548.jpg

 

 

さて、美しい夕焼けを見たら、

 

 

そろそろバンコックを去る時が来た。

 

 

 

昔は帰りたくなくて、ちょっと悲しい気持ちになったものだけど、

 

 

今は正直もう帰りたい気分。

 

 

 

うちの可愛い子たち、ちゃんとお利口さんにして待っていてくれるかな。

 

 

もう直ぐ会えるね。

 

 

 

IMG_2515.jpg

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

map

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM