ジョアンの精霊が

IMG_2674.jpg

 

 

 

今日は曇天なのに、なぜか朝から清々しい。

 

 

 

なんだか、すべてのものがキラキラして、

 

 

 

美しく見える。

 

 

 

IMG_2671.JPG

 

 

雨上がりのせいもあるけど、

 

 

 

お花の可愛く美しいこと。

 

 

 

IMG_2708.jpg

 

 

 

思わず足を止めて見入ってしまう。

 

 

 

IMG_2706.jpg

 

 

 

 

木を眺めていると、

 

 

なんだか望遠で見ているように、

 

 

 

葉っぱの一枚一枚がくっきりと見えて、

 

 

 

IMG_2647.jpg

 

 

 

ああ、きっと100年前には、ここら一帯は木に覆われて、

 

 

 

ジャングルのようだったんだろうなぁ、

 

 

 

などと思いをはせる。

 

 

 

IMG_2710.JPG

 

 

 

 

IMG_2682.jpg

 

 

 

そして、今は街路樹としてだけ、生かされる木を見て、

 

 

 

孤独で気の毒だね、でもあなたのおかげでみんなが癒されているよ、

 

 

 

などと、心の中で話ができるような気がする。

 

 

 

 

そうか。

 

 

 

 

今日はジョアンのお命日。

 

 

 

IMG_2037.JPG

 

 

 

ジョアンの精霊が、私の横にやって来て、

 

 

 

彼の目線で物を見ているような気がする。

 

 

 

いや、きっとそうだ。

 

 

 

 

 

朝からウィークエンドマーケットまで行くタクシーに乗った時も、

 

 

 

今日は日曜なので、向こうの郵便局から荷物を送るつもりで、

 

 

 

約20キロの荷物を抱えて宿を出たんだけれど、

 

 

 

道路に出て、地面に荷物を置くや否や、

 

 

 

タクシーが目の前に現れた。

 

 

 

 

荷物を送って、ちょっとした用事を済まして帰る時も、

 

 

 

目の前のタクシーに声をかけたら、

 

 

なんと一発で、拒否されずに乗せてくれて、

(これはほんとレアなこと。私の宿は遠いから、みんな嫌がるのだ。)

 

 

 

しかも、メーターを何も言わずに使ってくれて・・・

 

 

 

 

昨日、タクシーについて、ブーブー言っていたことが嘘のようだ。

 

 

 

 

しかもタクシーに乗ったら、なんとハレルヤと歌う音楽がかかっていて、

 

 

 

思わず、『この人クリスチャンなんかな?』と

 

 

 

運転手さんの顔を見てしまったぐらいで、

 

 

 

なんと清らかな空気感のタクシーだったこと。

 

 

 

 

ありがとう。ジョアン。

 

 

 

 

精霊になっても、いつも私といてくれるあなたに、

 

 

 

本当に愛と感謝を捧げます。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

map

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM